なぜそこまでアルコールを飲みたいの?」「ノンアルで本当に楽しいの?」飲酒派とshirafer、 それぞれのドリンクへの考えとは

日本にノンアルコール飲料が上陸したのは2009年のこと。上陸してから10年余りでその市場は当初の4倍近く拡大しています。

ただ、市場規模は拡大しているもののアルコール飲料のビールと比べるとたったの5%程度なのが現状。まだまだノンアルコール飲料がまだ身近でない人もいるのではないでしょうか。

お酒を嗜む人にとっては余計、ノンアルコール飲料を好んで飲むことは理解しがたいかもしれません。

そこで今回はお互いの理解を深めるため、飲酒派とノンアル派、それぞれのドリンクに対する考え方についてご紹介ししていきます。

ノンアルコール市場が拡大したワケ

日本にノンアルコール飲料が上陸したのは2009年のこと。上陸してから10年余りでその市場は当初の4倍近く拡大しています。

ただ、市場規模は拡大しているもののアルコール飲料のビールと比べるとたったの5%程度なのが現状。まだまだノンアルコール飲料がまだ身近でない人もいるのではないでしょうか。

お酒を嗜む人にとっては余計、ノンアルコール飲料を好んで飲むことは理解しがたいかもしれません。

そこで今回はお互いの理解を深めるため、飲酒派とノンアル派、それぞれのドリンクに対する考え方についてご紹介ししていきます。

そもそもなぜノンアルコール飲料の市場が拡大しているのでしょう

サントリーホールディングス株式会社が行った「ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態・意識調査」からその疑問を紐解いてみましょう。

この調査によると、調査年度(2018年)の前年度と比べて、回答者の約5割が「飲用量が増えた」と回答しました。

その理由に、「(ノンアルコールでも)ビールの味が楽しめるから」(55.3%)というのが1位に挙がりました。

さらに「お酒の気分が楽しめるから」(42.2%)、「アルコール0.00%だから」(33.6%)という回答が続きました。

従来、ノンアルコール飲料といえば、「美味しくない」というイメージがあったかと思います。。

しかし、最近では懸念点だった味のクオリティが格段に上がり、過去の”ノンアルコールは美味しくない”というイメージを払拭し、美味しくお酒の気分を楽しめるようになってきているのですて。

また、他の回答からも読み解けるように、時間や場所を気にせずカジュアルに楽しめるノンアルコール飲料の魅力にハマった人も増えています。なかにはランチタイムにノンアル飲料を楽しむ人もいるのだとか。

私がお酒を飲むただ1つの理由

日本にノンアルコール飲料が上陸したのは2009年のこと。上陸してから10年余りでその市場は当初の4倍近く拡大しています。

ただ、市場規模は拡大しているもののアルコール飲料のビールと比べるとたったの5%程度なのが現状。まだまだノンアルコール飲料がまだ身近でない人もいるのではないでしょうか。

お酒を嗜む人にとっては余計、ノンアルコール飲料を好んで飲むことは理解しがたいかもしれません。

そこで今回はお互いの理解を深めるため、飲酒派とノンアル派、それぞれのドリンクに対する考え方についてご紹介ししていきます。

そもそもなぜノンアルコール飲料の市場が拡大しているのでしょう

サントリーホールディングス株式会社が行った「ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態・意識調査」からその疑問を紐解いてみましょう。

この調査によると、調査年度(2018年)の前年度と比べて、回答者の約5割が「飲用量が増えた」と回答しました。

その理由に、「(ノンアルコールでも)ビールの味が楽しめるから」(55.3%)というのが1位に挙がりました。

さらに「お酒の気分が楽しめるから」(42.2%)、「アルコール0.00%だから」(33.6%)という回答が続きました。

従来、ノンアルコール飲料といえば、「美味しくない」というイメージがあったかと思います。。

しかし、最近では懸念点だった味のクオリティが格段に上がり、過去の”ノンアルコールは美味しくない”というイメージを払拭し、美味しくお酒の気分を楽しめるようになってきているのですて。

また、他の回答からも読み解けるように、時間や場所を気にせずカジュアルに楽しめるノンアルコール飲料の魅力にハマった人も増えています。なかにはランチタイムにノンアル飲料を楽しむ人もいるのだとか。

日本にノンアルコール飲料が上陸したのは2009年のこと。上陸してから10年余りでその市場は当初の4倍近く拡大しています。

ただ、市場規模は拡大しているもののアルコール飲料のビールと比べるとたったの5%程度なのが現状。まだまだノンアルコール飲料がまだ身近でない人もいるのではないでしょうか。

お酒を嗜む人にとっては余計、ノンアルコール飲料を好んで飲むことは理解しがたいかもしれません。

そこで今回はお互いの理解を深めるため、飲酒派とノンアル派、それぞれのドリンクに対する考え方についてご紹介ししていきます。

そもそもなぜノンアルコール飲料の市場が拡大しているのでしょう

サントリーホールディングス株式会社が行った「ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態・意識調査」からその疑問を紐解いてみましょう。

この調査によると、調査年度(2018年)の前年度と比べて、回答者の約5割が「飲用量が増えた」と回答しました。

その理由に、「(ノンアルコールでも)ビールの味が楽しめるから」(55.3%)というのが1位に挙がりました。

さらに「お酒の気分が楽しめるから」(42.2%)、「アルコール0.00%だから」(33.6%)という回答が続きました。

従来、ノンアルコール飲料といえば、「美味しくない」というイメージがあったかと思います。。

しかし、最近では懸念点だった味のクオリティが格段に上がり、過去の”ノンアルコールは美味しくない”というイメージを払拭し、美味しくお酒の気分を楽しめるようになってきているのですて。

また、他の回答からも読み解けるように、時間や場所を気にせずカジュアルに楽しめるノンアルコール飲料の魅力にハマった人も増えています。なかにはランチタイムにノンアル飲料を楽しむ人もいるのだとか。

世間でshiraferが増えつつある中、筆者の私と言えば実はお酒が大好きな飲酒派の人間。お酒の場に来たら、頼むドリンクはもちろんお酒。ノンアルコール飲料を口にしたことはないほどにお酒が好きです。

そんな私がお酒を飲む理由は、ずばり最高の食事には欠かせないパートナーだからです。

「マリアージュ」と呼ばれるように、料理とお酒の相性を合わせると相乗効果が生まれ、2倍、3倍と料理もお酒も美味しくなるのです。相乗効果。

味が濃い料理には…繊細な味のときには…、と言った具合に食べる料理に合わせて、お酒の種類・銘柄を合わせるのも食事を楽しむ一つの工夫です。。

よく「陽気になりたいから」「ストレスを発散したいから」という理由でお酒を楽しむ方もいますしかし、筆者にとってはそれらの理由はあまり関係なく、あくまで食事をいかに楽しむかのためにお酒を飲んでいるのです。

なぜノンアルが好きなの?shiraferノンアル派の友人に聞いてみた。


私の友人にノンアル愛好家のshiraferが2人います。飲酒派の私に代わって、shiraferの友人にノンアルコール飲料を飲む理由を聞いてみました。

1人目のshirafer、A君

「アルコールの耐性が全くないんだ。でもお酒の味は好きだから、味を楽しめるノンアル飲料を選ぶ。」

1人目のA君は全く飲めないタイプですが、お酒の”味”に興味をもっていました。彼いわく、ノンアルコール飲料でも食事との組み合わせでもっと美味しくなるのだとか。

2人目のshirafer、B君

「お酒は飲めるけど、次の日の活動に影響が出るのが嫌なんだ。お酒の場は好きだから、雰囲気に合わせてノンアル飲料を飲んでいる。場酔いするタイプだから、十分に楽しめるよ!」

もう一人のshirafer、お酒に耐性はあるけどB君はあえて飲まない選択をしています。確かにお酒をたくさん飲んだ日は眠くなるけど、眠りは浅い…。今日は思いっきり楽しみ、明日からは仕事に全力。そんなメリハリの効いた生活を送るのにも、ノンアルコール飲料は活躍するのかもしれませんね。

飲酒派とノンアル派、それぞれのドリンクへの考え方を聞いてみていかがだったでしょうか?

飲酒派の中にも、アルコールは食事を楽しむものとして考える私のような人もいます。

shiraferの中でも考え方は様々で、私の友人のように、アルコールは飲めないが味が好きな人や、健康のためにあえてノンアルを選んでいる人もいます。

『お酒が飲めないから、楽しめない。』そんな時代は過去のものになりつつあります。この記事をきっかけに、飲酒派もshiraferも相互に理解し合えれば幸いです。

お酒が飲めても、飲めなくても楽しめる世の中に一緒にしていきたいですね!

この記事を書いた人

伊藤寛斗



-シラフを楽しくするメディア-

shirafer-シラファー-は、お酒の強さに関わらず、誰もが自由なライフスタイルを目指して日々発信しています。 皆様の体験談やご意見・ご感想など、contactよりお気軽にご連絡下さい。 「飲む人も飲まない人も、みんな楽しく」

0コメント

  • 1000 / 1000