~お酒が飲めない原因~


ほんの少し飲んだだけで気持ち悪くなってしまったり、お酒を受け付けられない、と




生粋の下戸の方たちは、「なぜ自分はお酒が飲めないのか」と考えたことがあるはずです。





今回は、お酒が飲めないのは一体なぜなのかを解説していきたいと思います。



「アセトアルデヒド」のせい




最初に結論から言うと、お酒を飲むと気持ち悪くなるのは、「アセトアルデヒド」という物

質のせいなんです。




お酒を飲むと肝臓で代謝されるのですが、その際にアセトアルデヒドという物質に分解されます。





アセトアルデヒドには毒性の作用があり、顔を赤くしたり、吐き気や頭痛を起こす原因になります。





また、この物質は、発がん性があるとも言われていています。





お酒が弱い人は、このアセトアルデヒドの分解能力が低く、体内に残ってしまいやすいのです。





特に下戸の人は、頭痛や吐き気などの症状を引き起こしてしまいます。






逆に言えば、このアセトアルデヒドが、体内の酵素によって分解されてしまえば気持ち悪さ

はなくなります。




アルコールが分解される流れ


体内に入ったアルコールは、以下の4つの流れで分解されます。



アルコール(お酒)

アセトアルデヒド(有害。悪酔いの原因)

酢酸(無害)

水・二酸化炭素(無害)




このことから、アセトアルデヒドを早く分解して酢酸にすることができれば、気持ち悪さを感じることなくお酒が飲めるはずです。





「ALDH2」の働きが弱い




このアセトアルデヒドを分解する酵素を「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」といいます。





ALDHには、「ALDH1」と「ALDH2」があり、特に「ALDH2」の分解能力の強弱によって、

その人が酒飲みになるか下戸になるかが左右されます。





ALDH2の働きが弱く、分解能力が低い方が、俗に言う「下戸」です。





このALDH2の働きを補ってあげれば、理論上は悪酔いを避けられるはずです。





しかし、ALDH2の分解能力は遺伝によって決まってしまいます。





こればかりは変えられないので、うまく付き合っていくしかないです。






いかがですか?

わたしも調べていくうえで体の仕組みが分かったのでとても勉強になりました!

ではまた次回もお楽しみに!



http://gekonomitai114.client.jp/

https://geko-kokufuku.net/geko-tisiki/osake-nomenai/




-シラフを楽しくするメディア-

shirafer-シラファー-は、お酒の強さに関わらず、誰もが自由なライフスタイルを目指して日々発信しています。 皆様の体験談やご意見・ご感想など、contactよりお気軽にご連絡下さい。 「飲む人も飲まない人も、みんな楽しく」

0コメント

  • 1000 / 1000