どんどん広がるノンアル文化


ノンアルコール飲料は

日本のみならず世界でも広がっているのをご存知ですか?





健康志向の高まりや高齢化により

ノンアルはこれからもっと拡大が見込まれます。





またコロナ禍で飲食店でのアルコール提供が停止されたこともあり

ノンアルコールメニューをより充実させたお店も多いですよね。





そこで今日はノンアルコールドリンクの種類と特徴について

紹介していきます!




【ノンアルコールビール】

風味もコクもビールそのもののよう。

糖質オフや糖類0のものも多いので

健康を気にしている方にオススメ。


【ノンアルコールワイン】

製造方法は本物のワインを作るときと同じで

最後にアルコールを抜く方法で作られるものも多い。

ワイン独特の甘みや渋み、酸味なども感じられ

ワイン好きの方にもオススメ。


【ノンアルコールスパークリングワイン】

ワインのように甘口・辛口や赤・ロゼ・白がある。

お酒は飲めないけれど、おしゃれな雰囲気や

フレンチ料理等を楽しみたいという方にオススメ。


【ノンアルコール酎ハイ】

本物の酎ハイのようなのど越しを楽しめる。

ノンアルコールビールのようにカロリー0や糖質のものも多い。

妊娠中や授乳中の女性にオススメ。


【ノンアルコール焼酎】

ノンアルコールワインと同様、焼酎と製造方法は同じで

あとから酵母菌の発酵を除いたもの。

そのため焼酎のような風味や香りが感じられる。


【ノンアルコール日本酒】

日本酒はもともとかなりアルコール度数が高く、

味の構成要素にもアルコールが欠かせないため

日本酒とノンアルコール日本酒の差は大きい。

しかしアルコール度数、カロリー、糖質すべて0なので

健康を気にする人にはオススメ。


【シャンメリー】

子供も飲めるパーティ用のアルコールの入っていない炭酸飲料。

スパークリングワインのような華やかな見た目にも関わらず

子供でも飲めるので誕生日パーティやクリスマスパーティにオススメ。


【ノンアルコールカクテル】

ジュースとは違いお酒の味わいがある。

カクテルのような本格的な味わいを楽しむことが

見た目も可愛いことが多いので女性にオススメ。


【ノンアルコール梅酒】

梅酒をつくる過程で生まれる香りと味わいが残るため

ノンアルコールでも梅酒感がある。

梅酒が好きだけれどカロリーが気になるという人にオススメ。


【甘酒】

米麹甘酒と酒粕甘酒の二種類があり、製法や成分にも違いがある。

昔から飲む点滴といわれるほど栄養素が高く、

男女を問わずさまざまな年齢層の人たちから愛されている。

アルコールが含まれるものもあるので注意。



このように、ノンアルコールドリンクには

アルコールドリンクに劣らないくらいの種類があります!




料理や雰囲気に合わせて選ぶのが楽しいですね😆






https://recipe-book.ubiregi.com/articles/non-alcohol-menu/




-シラフを楽しくするメディア-

shirafer-シラファー-は、お酒の強さに関わらず、誰もが自由なライフスタイルを目指して日々発信しています。 皆様の体験談やご意見・ご感想など、contactよりお気軽にご連絡下さい。 「飲む人も飲まない人も、みんな楽しく」

0コメント

  • 1000 / 1000