ワインとチーズのマリアージュ🍷🧀




最近、ノンアルドリンクを提供するお店がかなり増えてきましたね!




シラファーにとって本当に嬉しいことです💓




ノンアルビールやノンアルカクテルだけでなく

見た目はまるでワインそのものでおしゃれな

ノンアルワインも続々と登場しています。




ワインに合うおつまみといえば

チーズやオリーブを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?




ですがワインにしてもチーズにしても

種類が多くて迷ってしまいませんか?



 

そこで本日は、ワインとチーズのマリアージュの

ポイントをご紹介します✨




1.チーズの産地とワインの産地を合わせる


フランスやイタリアなどヨーロッパでは、それぞれの土地に根ざした地方色豊かなチーズがつくられています。ワインとチーズを同じ産地のもの、又はより近い地方の産地のものを合わせると相性抜群です!




2.熟成の度合いで合わせる


できたての若いチーズには、フレッシュでフルーティなワインを。ミモレットやコンテなど熟成期間の長いチーズには、しっかりした味わいのワインを選ぶのが◎




3.チーズの成分(酸味・コク・塩味など)や質感で合わせる


酸味のあるフレッシュタイプのチーズには爽やかな酸味の白ワイン、マイルドでクリーミーな味わいのチーズにはコクのある白ワインがおすすめ。

また、脂肪分の高いチーズや塩味のあるチーズは、渋みのしっかりした赤ワインや、コクのある白ワインがよく合います。

また、ハードタイプのチーズは食感や質感を変えることで幅広くワインとも合わせられます!

例えば、パルミジャーノはゴツゴツとしたかち割りの形状で食べるなら、渋みのある赤ワインに、粉状に削ってサラダなどにかければスパークリングワインとの相性も抜群!

ワインの重さと食感・質感を工夫して2通り楽しめるなんて、知っているだけでお家ワインが楽しくなりますね!



以上を参考にして

ノンアルワインとチーズをマリアージュを楽しみましょう☺️




https://www.kirin.co.jp/entertainment/wine_academy/column/mariage/03.html

https://jp.freepik.com/free-photo/a-bottle-and-a-glass-of-red-wine-with-fruits-over-wooden_13866944.htm#page=1&query=wine&position=5




-シラフを楽しくするメディア-

shirafer-シラファー-は、お酒の強さに関わらず、誰もが自由なライフスタイルを目指して日々発信しています。 皆様の体験談やご意見・ご感想など、contactよりお気軽にご連絡下さい。 「飲む人も飲まない人も、みんな楽しく」

0コメント

  • 1000 / 1000